価値の最大化とコストの最小化を両立する。
  サービスを含めた商品を創造する仕組み作りと、それを支える人材育成と企業風土作りを支援します

 ■ 人材育成・人事評価システム構築

 注!「このWebページはスプリクトや・・・・」と表示されましたら「ブロックされているコンテ
    ンツを許可(A)」をクリックして許可してください。(事例が別画面で表示できます)

価値を創造できる人を育て、その人たちが進化し向上していく環境と仕組み作りに取り組む。
特に意識改革を目的にした「成果・アクションシート」を活用して、自ら考え行動する
アクションに重点を置き、結果を数字で検証することで、社員の行動が変わったことを実感
してもらう。
人事評価システムとは、人に優劣を付ける為のものではなく、どのような人になって欲しいか
を示し、それが達成できたかできなかったかを判定する仕組みと考えています。
                                 

人事評価制度の構築指導

目的  創意工夫、努力した人、結果を出した人を正しく評価して、切磋琢磨する環境を
    作り、考える人材を育成すること。
目標  目標とアクション計画を共有し、行動と結果を正しく評価することで、成長の実感と
    今後なすべきことが明確になる仕組みを作る。
概要  社員それぞれに、期待することや改善点を明確にして、一定期間(評価対象期間)の
    目標を定める。実現の為のアクションも共有し、また更なる創意工夫を求めることで
    高い成果と成長を促します。          
                                 
               


中堅・リーダー教育指導

目的  経営視点で考え、判断、実行できる人材を育成する。
目標  判断基準に数字をベースにした論理的思考ができるようになる。
概要  実務を基本に状況を分析して、問題をテーマ化して自らアクション計画を立案、
    実行出来るベースとリーダーシップの意味を習得してもらいます。
                                  
               

 △ページのトップへ

後継者育成指導

目的  企業を永続させる為に、付加価値創造をベースにした収益性の改善と、それを
    発展させる人材や仕組みの構築ができる後継者(経営者)を育成する。
目標  会社の現状を分析でき、持てる資産で問題点の解決と価値の向上に取り組めて
    収益という数字で結果を出すことを目標とする。
概要  高収益企業「キーエンス」の創業期から「組織作り」「仕組み作り」そして
    「人材育成」のすべてを体感し実行した経験を活かして「入り」の最大化と「出」
    の最小化を基本に収益力を高める組織を作り経営できる人材の育成を目指します。
                                    
               

 △ページのトップへ

新人ビジネスマン教育指導

目的  仕事を処理するのではなく、仕事を創造できるビジネスマンを育てる。
目標  自分の価値向上に取り組む考え方を理解して、PDCAを回せる人材になる。
概要  与えられた仕事の目的を理解して、関係する情報を集めてより良い解決手段を考えて
    実行し、つねに問題意識を持って行動し、結果(数字)にこだわる姿勢を習得・定着
    してもらいます。
                                  
               
                                              △ページのトップへ














管理者用
管理人用